翻訳者との密なコミュニケーションが
品質を高める鍵になる

イデア・インスティテュートの翻訳者は、厳しいトライアルを勝ち抜いてきたネイティブ翻訳者たちばかりです。翻訳トライアルでは、経験・言語能力・専門性・適応性をみています。その上で、できるだけ実際に顔をあわせてイデア・インスティテュートの翻訳方針を理解していただくようにしています。

一番大切なのは、翻訳者も「人」であるということ。イデア・インスティテュートは、「人」と「人」が仕事をスムーズにしていく上で一番大切なのは「信頼関係」だと考えています。登録翻訳者数がどんなに増えようとも(2015年4月現在約750名)、一人一人の翻訳者とこまめに連絡をとりながら、そして翻訳者の品質を把握しておくことによって、プロジェクトごとに最適な翻訳者を選定することができます。また、実際に翻訳者に依頼した後も常にフィードバックをすることで翻訳者がスキルアップし、フォローできる仕組みになっています。

今後、翻訳需要の増える可能性のある言語や分野についての情報収集を積極的に行い、常に言語の最先端情報を収集しています。

お急ぎの希少言語(ベンガル、マルタ、カザフ、ミャンマー、アイスランド、ヘブライなど)の翻訳にも対応しますので、ぜひご相談ください。

新卒採用はこちら 無料トライアル 翻訳・制作実績 日本文化紹介プロジェクト 通訳者派遣サービス イデア・インスティテュートBLOG