言語その他の条件に応じ
柔軟、的確な翻訳制作ができるよう、
技術面から支援します

イデア・インスティテュートの取り扱い業務において、目的の言語や使用する制作環境は多種多様です。そのなかには、たとえば、目的言語をお客様ご要望のアプリケーションが正式にサポートしていない、というような場合もめずらしくはありません。本来は障害の起きやすい業務ですが、イデア・インスティテュートでは、社内に独自の研究開発体制を備えているおかげで、個々の状況への即時対応も可能であり、実際にその活用は、安定した制作環境の確保や、精度の高い翻訳や制作のスムースな完成に大きく貢献しています。

イデア・インスティテュートの研究開発の考え方

翻訳や多言語制作を中心とする主業務において、業務遂行に必要な問題解決を、技術的な側面から支援します。言語、ソフトウェアを問わず必要事項は調査研究し、適宜支援ツール開発等を行い、目的の言語や最終提供形態に合わせて最適のサービスを提供できるようにすることを目指します。

実績

イデア・インスティテュートの研究開発は1999年に制度化し年間50件程度の課題に取り組んできました。具体的にはたとえば次のようなものがあります。

翻訳フィルター開発

翻訳支援ツールに標準搭載されていたInDesign用のフィルターが当時未熟だったため、独自フィルターを作成しました。

その結果、比較的早くから安定したInDesign翻訳フローを確保できました。InDesign CS2時点のものは社外にも公開しました。社内ではInDesign CS4に対応するまで、このツールを更新し、活用し続けました。

言語未対応アプリケーション上のDTP

目的の言語がターゲットの制作アプリケーションで正式サポートしていない場合もあります。その著しい例として、InDesign CS2でのヒンディー制作の事例があります。アプリケーション自体にはUnicodeテキストから正しいヒンディー字形の並びを生成する機能はなかったため、使用フォントをMangalフォント1種に限定して、その字形(グリフ)をならべるプログラムを急遽書いて適用しました。

その結果、手動で個々のグリフを選択して順序を交換したり合字に入れ替えたりする修正作業を避けることができ、手修正の誤りのリスクを避けDTPの負担を大幅に軽減できました。

FrameMakerのテキストオーバーフロー検出

FrameMakerプラグインの開発。テキスト枠にテキストがあふれて隠れていないかを検出するためのツールを作成しました。

その後、単純なつくりでは正しく判定できない例があることが判明し、数回、改良を重ねたのち、実用に供しています。

QAチェックのツール群

翻訳の原文との整合性のチェックのための自動比較手段、DTPの各種書式設定をチェックするための情報抽出手段、チェックのためのリンク一覧作成やリンクへのラベル付け、要注意文言のハイライト、など、現場の要望に応えて各種手段を用意して導入しています。

DITAトピックファイル名の一括変更

その翻訳対象として支給されるファイルは、依頼元の取扱説明書等DITAコンテンツの管理システム(CCMS)から書き出されたトピックファイルです。各ファイルの名称は、機械的に割り振られた数値(GUID)からなる長いIDで始まっています。それでは、ファイルを直接扱う作業者には必ずしも便利ではありません。そこで、DITAマップを参照して作業用のファイル名に一括変更、また作業後復元するツールを用意して翻訳・制作の作業効率化を図りました。

XMLへの翻訳メモリ適用の問題回避

使用の翻訳メモリ(TM)ツールにはXMLの取り扱いに困った問題がありました。特に本件の翻訳対象のXMLの場合、1つの翻訳文(セグメント)内に挿入される要素が複数あることがよくあり、挿入要素を翻訳しない(Not Translatable)扱いに設定すると、そのセグメントを再利用することは危険です。原文と訳文でセグメント内要素の挿入順が異なる場合、再利用しようとすると不本意な順序で(互いに入れ替わって)挿入されてしまうのです。

そこで、このTMツール(バージョン)を適用するときのみ、原稿、納品XMLとは異なる仕様の中間形式(作業用XML)を用意し、TMツールの処理でも差し支えない形にしておくことにしました。この設計に従いTMツール工程の前後に、それぞれ作業用XMLへの変換(前処理)と納品用XMLへの変換(後処理)を導入することによって、安全な作業フローになりました。

新卒採用はこちら 無料トライアル 翻訳・制作実績 日本文化紹介プロジェクト 通訳者派遣サービス イデア・インスティテュートBLOG