翻訳を通じて社会の発展を支える企業であり続けます

代表取締役会長 清原慶三

イデア・インスティテュートでは、言語のプロフェッショナルが日々、より多くの言語と内容、質の向上に努め、対応可能な言語は現在80ヵ国語を超えております。

1973年の創立以来、常にお客様の満足度を第一に、翻訳のみならず原稿作成、DTP編集、印刷、通訳などあらゆるリクエストにお応えして参りました。結果として弊社一社で一貫したサービスのご提供が可能となっています。

今後も、「言語のプロフェッショナル」として、「イデア」(物事の本質)を見極め、一企業としてあるべき理想形を、お客様とともに目指しながら、異なる言語の同調化を正確な形で表現し、情報文化の一翼を担い、少しでも社会の発展に寄与貢献して参りたいと存じます。

代表取締役会長 清原慶三

代表取締役社長 上田浩子

イデア・インスティテュートは45期を終え、2018年より新たな一歩をスタートいたしました。昨今のIT技術の進歩やAIの登場により、翻訳を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。翻訳業界にはこれまでとは異なるプレイヤーが参入し、お客様の求める翻訳の質も形も多様化してまいりました。インバウンドツーリズムの追い風も受け、翻訳関連ビジネスは広がる一方で、厳しい競争にもさらされています。

しかしながら、伝えたい気持ちがある限り、伝えたい言葉をさまざまな形に変えていく営みはこの先も変わりません。変化を恐れることなく、成長の機会ととらえて、新しいチャレンジを続けてまいりたいと思います。

今後とも一層のご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年4月
代表取締役社長 上田浩子

企業理念

  • 異なる言語の同調化を正確な形で表現し、情報文化の一翼を担う。
  • 企業は利益を追求する過程で、社員の生活の安定と向上を目指し、社会の発展に貢献する。
新卒採用はこちら 無料トライアル 翻訳・制作実績 日本文化紹介プロジェクト 通訳者派遣サービス イデア・インスティテュートBLOG