揺藍のうた ― 日本童謡集Cradle Song

揺藍のうた ― 日本童謡集

唱歌は明治の初めに、西欧の民謡や賛美歌などをお手本にして誕生しましたが、日本の豊かな自然や昔ばなしなどにもその題材を求めました。

大正期には、文語調で堅苦しい官製の唱歌に対してもっと親しみやすく、芸術性の高い子どもの歌を創ろうとする童謡運動が興り、北原白秋を中心とする詩人たちによって「赤い鳥」などの児童文芸誌に珠玉のような数々の作品が発表されました。

昭和21年、戦後の焼け跡の空にラジオから「みかんの花咲く丘」が流れ、人々の心を癒し新しい童謡時代のプロローグとなりました。

童謡、唱歌はいつの時代にあっても学校で、家庭で、原っぱで歌われ親しまれてきたように、まさに日本人のこころの故郷なのです。

時代や世代を超えて、これからも色あせることなく歌い継がれてゆくことでしょう。

このささやかな歌の絵本の「こころ」が国境を越え世界の子どもたちにも届きますように。

揺藍のうた ― 日本童謡集「花嫁人形」より

揺藍のうた ― 日本童謡集「花嫁人形」より

揺藍のうた ― 日本童謡集「夏の思い出」より

揺藍のうた ― 日本童謡集「夏の思い出」より

収録されているお話リスト

  1. どこかで春が
  2. 茶摘
  3. 青葉の笛
  4. 揺藍のうた
  5. 四丁目の犬
  6. 砂山
  7. 花嫁人形
  8. みかんの花咲く丘
  9. 夏の思い出
  10. めんこい仔馬
  11. あの町この町
  12. 青い眼の人形
  13. 金魚の昼寝
  14. しゃぼん玉
  15. 雪の降る街を

絵本情報

絵本タイトル
揺藍のうた ― 日本童謡集
発行年
1999年1月1日
絵と文
松田 けんじ
装丁・デザイン
松田 けんじ
編集
イデア絵本委員会
サイズ
H278×W220(mm)
言語
日本語、英語、中国語(簡体字)、スペイン語
発行
株式会社 イデア・インスティテュート

イラストレーター紹介

松田けんじ 松田けんじ

1940 年、北鎌倉に生まれ、戦争のため5歳のとき山形県・新庄市に疎開し、高校卒業までを過ごす。
子供のころの体験を 「原風景」 とし、絵を描いている。

著書に、「祭のこころ」、「揺籠のうた」、「一期一會」、「祭りだ『わっしょい!』」、「どんぐりと山猫」、「狼森と笊森、盗森」、「耳なし芳一」、「竹取物語」、「うらしま太郎」などがある。

松田けんじ ホームページ

今まで作った絵本

  • ピエール・ド・クーベルタン 世界と日本の近代

    2019年

  • 人見絹枝 一輪のなでしこ

    2018年

  • 嘉納治五郎 -その精神と生涯-

    2017年

  • 門 -文豪セレクション-

    2016年

  • 四季のうた -日本の童謡・唱歌-

    2015年

  • 昔むかし 弐

    2014年

  • 宮沢賢治作 「雨ニモマケズ」

    2013年

  • 新美南吉作 「狐」

    2012年

  • 続・日本神話 八岐大蛇〜 ヤマトタケル

    2011年

  • 日本神話 日本のはじまり〜 天岩戸

    2010年

  • うらしま太郎

    2009年

  • 「竹取物語」

    2008年

  • 小泉八雲作 耳なし芳一

    2007年

  • 宮沢賢治作 狼の森と笊森、盗森

    2006年

  • 宮沢賢治作 どんぐりと山猫

    2005年

  • 祭りだ わっしょい! 年中行事のこころ

    2004年

  • 「昔むかし」 お伽噺のこころ

    2003年

  • 古池や 詩歌のこころ

    2002年

  • 一期一会 「道」のこころ

    2001年

  • だるまさんがころんだっ!伝承子どもの遊び

    2000年

  • 揺籃のうた 日本童謡集

    1999年

  • 祭りのこころ 絵本歳時記

    1998年

  • 無限カノン

    1997年